HOME > ゴルフ用語集 > ゴルフコース

ゴルフ用語集

ゴルフコース

競技は 通常 18 ホールのコースで行い、それぞれのホールにはボールを打ち出す為のティーイング・グラウンドとボールを入れる穴 (カップ) のあるグリーンがあり、その間の距離に応じて パー (規定打数) が設定されている。パー 3 のホールを ショートホール、パー 4 のホールはミドルホール、パー 5 のホールを ロングホールと言う。また、18 ホールのパーのトータルは 70 から 72 (稀に、69 や 73 になるコースもあるが) になるのが 一般的。前半の 9 ホールはアウト、後半の 9 ホールをインと呼ぶ。一般的なコースより距離が短い、又は ホールの数が少ないコースは ショート・コースとかエグゼクティブ・コースなどと呼ばれる。

一覧に戻る

このページのトップへ